我慢するだけ回復が遅くなります。
迷わず今、お電話ください。
スマホからはこちらをタップ
TEL: 03-5387-6739
ご予約方法 アクセス

施術院のこだわり•そしてベッド導入へ2 

前回の続き

ベッドは休診日の6月17日の水曜日、12時近くに到着しました。

段ボールに包まれて、ズッシリと重いです。

カタログ数値は重さは37キロ。しっかりしてそうです。

さっそく梱包にカッターで切れ目をいれます。
端から端までいれてひらきます。

すると、

Photo

カッター注意
カッターから手を離してください。
レザーを切ります。

との文字が。

私はベッドメーカーの心づかいに胸を打たれました。

段ボールを取り除く際に、右手の肘のあたりに2カ所擦り傷がつきましたが、これはたいしたことがありません。

ベッド導入にあたって、内装も大幅に改装しました。

ラックなどの包装類を整理して、掃除機をかけます。

そして、ベッドを設置します。

Photo_2

穴あきタイプです。見るからに呼吸がしやすそうです。

Photo_5

こんどは、N先生おすすめのフェイスマットを設置します。

Photo_6

そして、無数の穴があいているフェイスペーパーです。

Photo_7

うつぶせになり、確かめてみました。

呼吸がしやすいです。

これでなにも起きなければいいのですが。
もっとも起きたら起きたで対応したり工夫したりしますので、別に問題が発生しても構いません。

次の日、来るクライアントさん全員が、

「あれ〜〜!!  どうしたんですか!?」

と大騒ぎです。

男性クライアントさんは控えめですが、女性クライアントさんは、

おおーー!! とあっけに取られ、しばらくすると笑いだすのが、ひとつのパターンでした。

しばらく公開しないでおいたのは、驚いているシーンを観るのがおもしろかったから、というのが理由のひとつです。

そして口々に、

「呼吸が楽ですね」

とゆったりとした口調でおっしゃいます。

「皆さんそう言われるんですよ。今までよっぽど苦しかったんですね」

お互い笑いながら施術に入る、というのが設置して一ヶ月間の日常でした。

「でも先生のポキポキが聞こえないのが寂しいですね」

実は私は、正座をして立ったり座ったりする際に、膝がポキッと鳴るタイプなのです。
これは祖母からの遺伝らしく、よく「大丈夫だ。心配しなくていい」と102歳まで生き長らえた祖母から言われたものでした。

それはそうと、ベッドに変えてから、首の施術技術が格段に進歩したように思います。

首のコリと慢性疲労とは関係がおおいにあることを、実際の現場で体感することが多くありました。

→→ベッド導入その後はこちら

↓↓いつも応援クリックありがとうございます!
Banner2

Photo_8