肩こりの原因とその解消法(デスクワーク&パソコン作業)

こんにちは!
治療室高久(旧・治療室高久)の高久です。

今回は、首のこり、肩こりの原因と自分でできる治し方についてお話をしていこうと思います。

肩と首はつながっているので、もちろん首のこりの原因やその解消方法にも効果があります。

デスクワーク&パソコン作業での肩こりの原因

 

さて、現在、首のこり、肩こりで治療室高久にいらっしゃる方は、パソコン作業の方が多いです。

デスクワークでは大きな原因があります。

それは・・・、手のひらを下にしていることです。

手首とつながっている腕の骨は、一本ではないんですね。
下の写真のように2本あるんです。

肘を固定して、手のひらを内側に向けると、これら2本の骨がねじりあいます。

お分かりでしょうか?

下のイラストのようになっているのです。

立って首を左右に振り向くと、その2本の骨の動きが首に影響しているのがよく分かります。

ねじりあっていると、体のある部分を動かなくしているのです。

立ち上がって、両手のひらを後ろに向けてください。
その状態で、ゆっくり顔を右に振り向きます。次にゆっくり左に振り向きます。

この状態を覚えてくださいね。

今度は、両手のひらを前に向けてください。
その状態で、ゆっくり顔を右に振り向きます。次にゆっくり左に振り向きます。

首のこり&肩こりの原因 自分で体感してみましょう!|本格整体院高久 大泉学園店(旧・治療室高久)

どうでしょう?
顔を左右に振り向いた時、さっきの手のひらを後ろに向けた状態よりも、手のひらを前に向けた状態の方が動かしやすくないですか?

そうなんです、パソコン作業など、手のひらを下に向けると、首の動きが制限を受けて固まってしまうんです。

パソコン作業で手のひらを下に向けて作業しているのが、肩こりの大きな原因のひとつです。

原因がわかったら、元に戻せばいいんです。

それでは対処療法になりますが、解消方法をお伝えしましょう。

1人でやる肩こり解消法 |本格整体院高久 大泉学園店(旧・治療室高久)

軽度の場合はこれだけでも改善されることが多いですが、重度の場合、または複合的な理由の場合は専門家に相談することをおススメします。

当整体院では首こり・肩こり改善の実績があります。

↓首こりから頚椎ヘルニアになられた方の症例
大泉学園で首こり・首の痛みを治療できる整体を探している方へ

↓首のこりから右肩・右腰にだるさが広がった方の症例
大泉学園で、慢性の辛い首のこりで肩こりや腰など全身がだるくなり、治療できる整体を探している方へ

↓詳しい当院のご案内はこちらから
治療室高久のご案内