ヘルニア、全身辛くて左足が抜けそう・30代女性その1

Photo
練馬区在住のTさん(30代女性)が来室されました。
腰痛がだんだんひどくなり、歩いて左足に力が入らず、抜けそうな感じになりとうとう立てなくなり、整形外科にいったところヘルニアと診断されたそうです。
腰の痛みはもちろん、右膝、背中、首、肩、全身がこって苦しいそうです。胃やおなかも変な感じとのこと。
3週間ベッドで寝ていたのですが、一向に良くならず、複数の医療機関や民間療法に足を運んだそうですが、はかばかしい結果が得られず、当施術院にいらしたとのことです。
さっそく施術前の写真を撮らせていただきました。
Tさんは、
「自分ではまっすぐ立っているつもりなんですが………」
と、ショックを隠せない表情です。
あまりに右に傾きすぎて、左足に力が入らないのは当然といえます。
左足に重心をかけようとしても、かかる姿勢ではないので、抜ける感じというのは正しい感覚といえます。右にねじれて前に倒れているので、おなかに無理に力がはいり、おかしい感覚があるのも正しい感覚です。

私もTさんと同じような状態になったときがあります。ただ座っているだけで、腰が痛いだけでなく、背中、首、肩、まで自動的にこってくるあの苦しさ。そして、どこにいっても治らず、このまま一生続くのだろうかという不安感。しかこれは姿勢を良い状態にすれば改善されるので、別に不安になることもありません。

全身の苦しさは、倒れないように全身の筋肉ががんばってくれている結果です。
姿勢を良くすることが先決です。(つづく)

[治療室高久]へのお問い合わせはこちらです

↓応援クリックいつもありがとうございます!

Banner2