いつも右首のこり、右肩こり、右腰痛とこり、右足のだるさ、右側に症状がでて苦しい【症例】

トップページ

練馬区大泉学園の整体•治療室高久(ちりょうしつたかく)へ、練馬区三原台より藤木真由美さん(仮名•33歳女性)がお見えになりました。

バイオリン奏者で、3週間後に演奏会があるとのこと。
ところがこりと痺れが酷く、練習できないそうです。

20代のころから、首、肩、腰のこり、痺れがあり、それも全部右側にでるとのことでした。
さらに右手の小指、肘も痛くて、右足はいつもだるいそうです。

「これでは日常生活も大変でしょう」

と私は声をだしました。

「そうなんです………。でも、もう慣れてこれが当たり前みたいになってしまいました」

藤木さんは右側ですが、左側ばかりに症状がでる方もいらっしゃいます。

共通点があります。

それは、症状がでる側の股関節が硬くなっているということです。

「え? そうなんですか?」

「そうなんです。これから検査をしますね。まず、こちらに背を向けて立っていただけますか?」

Photo_2

右に傾いています。

右足で無意識に踏ん張っていますので、右足がだるくなったり、腰がこったり痛くなったりするのは当然といえます。

「はい、それではベッドにうつぶせになってください。そして、両膝を曲げて、ゆっくり開いてください」

「はい」

Photo

「右足の方が開きにくくないですか?」

「…そうですね。右が開きにくいです」

「その状態ですと、右側に体重が乗りやすくなるんです。そして、右側の筋肉だけ全部こってしまうことになります」

「そうなんですか…」

そして、大事なのは、両手・両足のバランスです。

背骨や股関節は先天性では無い限り歪みません。

人間は、両手両足で動いています。
この動きが悪いと背骨を引っぱって歪んでしまうのです。

いつものように、うつ伏せで両膝の曲がりの検査をします。

Photo_3

右の膝が曲がりにくいです。
これは、右足に体重がいつもかかっているため、左足より筋肉が硬くなっているのです。

次に両手の長さの検査をします。
Photo_4
左の腕が伸びにくい。
これは、左側の背中と腰が硬くなっているからです。

さっそく整体施術開始します。

このような症状は、脳の命令がうまく伝わっていない場合が多く、左側にも動く命令をだせるように、藤木さん自ら動いていただく施術をいれました。

結果。

両足の曲がりの再検査。

Kyoude

きれいに揃っています。
これで、左右均等に体重がかかるようになりました。

次に両手の長さの再検査。

Kyouba

これもそろいました。
背中と腰の筋肉のバランスが整った状態です。

「うつ伏せになってください」

さあ、両足の開きはどうなったでしょうか?

Photo_5

「…あ、楽になってます。あれ〜?」

「うん、こうなればいいんです」

Kyouhira

「立ってみてください」

Kyou

右に傾いていた上半身が、まんなかに戻ろうとしています。

「変な感じしませんか?」

「はい、します…」

「今まで右足に体重を乗せて立っていたので、左にも体重を乗せて立つことになれていないんですね」

「そんな感じします。右の首と肩が楽です。来るときズッシリ重かったんですよ」

もう表情が変わっています。

「それは良かったです」

その後、右股関節を柔らかくする整体体操をお伝えしました。

そして、これまで右の股関節に無理がかかっていたので、5日以内に来室されるように提案しました。
藤木さんは予約をとられて帰られ、次の日にメールが来ました。

………………………………………………………………………………………………

高久先生、昨日はありがとうございました。
今日は朝起きた時からいつもと違う感じがしました。
練習していても何だが気が軽い感じ前向きな感じです。
身体も違いますし、気持ちも何だか全然ちがう気がします。
とても驚いています。

ではお電話ができなかったので、メールで失礼します。

藤木真由美

………………………………………………………………………………………………

藤木さんは素晴らしいお体をお持ちの方だと思いました。
そして、お役にたてて嬉しく思いました。
きっと演奏会ではベストな状態で演奏できるはずです。

我慢するだけ回復が遅くなります。迷わず今、お電話ください。


TEL: 03-5387-6739

(非通知番号の方は番号の先頭に186をつけておかけください)

↓↓いつも応援クリックありがとうございます!
Banner

Photo_7