我慢するだけ回復が遅くなります。
迷わず今、お電話ください。
スマホからはこちらをタップ
TEL: 03-5387-6739
ご予約方法 アクセス

腰が痛い。体を前に倒せない (20歳 女性)

前の症例へ

埼玉県戸田市から、浜田希美(仮名•20歳 女性)さんがお見えになりました。

仕事は中腰で重い物を持つそうです。
その最中に急に腰を痛くして、体を前に倒すことができなくなったとのことです。
そして、近くの接骨院、整体院に通いましたが、
一向によくならないどころか、よけい酷くなったので、
こちらをネットで捜していらしたとのことでした。

( 重い物を持って、か )

当たり前ですが、いくら体を整えて痛みがなくたったとしても、腰に悪い持ち方をすると、また悪くなります。

最初に正しい持ち方を指導することにしました。

どういうフォームで物を持っているのか、をやっていただきました。

もろに、腰に負担がかかる持ち方でした。

さっそくフォームの改善です。

「なかなかむずかしいですね」

最初からうまくできる人はいません。

何回も行えば、やがて体で覚えることでしょう。

フォームのアドバイスをしてから、

次に、他のところで施術を受けて、よけい酷くなったというところに、私は気にかかりました。

どういう施術を受けたのかを聞きました。

「腰の痛いところを何回も押されました」

ちょうど腰の左側の少し上の場所です。

おへその裏側の左。

ここは、急性腰痛のときに、押してはいけない場所です。

「我慢できなかったら、痛いと言って下さいと言われたんですけど、
良くなりたくて、痛くても我慢して言わなかったんです」

「我慢してたんだ………」

気持ちは良くわかります。かつての私もそうでしたから。

「はい」

「良くなりたいものね」

「はい」

そうなんです、心が入った返事。

次に私は、重要な質問をさりげなくしました。

「そこには、何回も通院したの?」

「いいえ。1度きりです。
ちゃんとしたところに行こうと思って、ネットで調べてこちらに来ました」

ここが、ちゃんとしたところかどうかは判断に任せますが、

1度きりというのが、良かったです。

2度行かれたら、かなり酷くなっていたことでしょう。

そうなると、悪い癖ができてしまっている可能性が強くなります。
状態によっては私のつたない整体では回復は難しいので、検査で見込みがなければ、申し訳ありませんが、施術せずにお引き取り願うところでした。

1度ぐらいだったら大丈夫です。

さっそく検査に入ります。

まず施術前の立ち姿勢。

Photo_2

踵の位置と、頭の位置を見ていただければ一目瞭然。
上体が左に傾いています。

これで常に腰が痛いのが正常です。
ときどき重い痛みのある人は慢性の人です。

浜田さんは、常に痛いそうなので、急性の部類でしょう。

急性の方が治りが早いです。

今度は両足の曲がりを検査します。

Photo

右が曲がりづらくなっています。

背中の筋肉を触ってみました。

ぎっくり腰になった人に多い、ガチガチの硬さ。

( そうとう酷い。かなり我慢していたに違いないな )

そんな感想を持ちながら、

次は両腕を伸ばしての長さ確認します。

Photo_3

左腕が伸びにくくなっています。
これは、左の腰に問題があると考えられます。

浜田さんの歪みを頭にいれてから、整体施術にとりかかります。

寝返りをうつのも、顔をしかめながらで大変そうです。

( ……この状態で仕事をしていたとは )

整体施術も終盤にさしかかると、

「あぁ、だんだん楽になってきました。さっき寝返りうつのと違います」

と、うれしそうな浜田さんの声が聞こえました。

私も、うれしくなる瞬間です。

「整体を受けて、楽になってきましたね」

「はい」

施術中、何かのきっかけで、動物の話になりました。

浜田さんは猫が好きだそうです。

実は、恥ずかしいんですが、私は、まだ2歳ぐらいのころ、飼っていた猫に子守りをしてもらったことから、猫が好きです。
その猫は私の前にすわって、尻尾を右に左に倒してつかませるように誘導していました。そんな感じで、幼少のころいつも猫と遊んでいました。

現在になっても、猫の力を抜いた無駄の無い動作も観ていて飽きがこなく、道路や公園などで見つけると、ついじっと観てしまいます。

猫の話で盛り上がりました。

話が盛り上がると、人は、緊張した筋肉がゆるみます。

お笑い番組を観る前と後で、ストレッチをするとわかります。

さあ、施術が終わり再検査を行います。

Deyu

きれいに両足がそろっています。
これで、左右均等に体重がかかっています。

次に、手の長さ。

Bayu

これもいい感じです。
左の腰•背中の筋肉が左右均等になっている証拠です。

私は、

「立ってみてください」

と、うながしました。

「はい」

と、うれしそうな声。

Yuzengo

「楽です。今まで施術をうけて、こんなに軽くなったのは初めてです!」

うれしそうに歩く浜田さん。

私は、水をさすようですが、

「酷く歪んだ状態を脳が記憶しているので、今は楽でも、また左に傾いてきます。
左に傾いているのが正常だと脳が勘違いしているから」

「そういえば、今右に傾いているように思います」

「そうでしょう。そして無意識に左に傾いていきます。
脳が勘違いして元に戻るのです。

元に戻る途中にいらしてください」

と、いって、1週間後、また来室いただくことにしました。

そして、ただしい物の持ち上げ方のレクチャーを繰り返したのでした。

その後の浜田さんは、こちらです。

次の症例はこちらへ

↓↓いつも応援クリックありがとうございます!
Banner2

Photo_4