首と肩のこり、O脚、プレゼンで緊張しないで発表したい・30代男性

世田谷区からいらしたOさん(30代男性)。
首と肩のこりが酷いのと、O脚、そしてプレゼンテーションで話をするときに、緊張して呼吸困難気味になるとのことでした。

施術前の写真を撮影します。

「これを持って映りましょうか?」

と、Oさんが手に持ったのは風船でした。
Photo

午前中に、2歳のお子さんを連れて来室されたクライアントさんがいました。そこで、施術中なにか遊ぶものをと思い、用意したものです。幸い楽しんでもらえてよかったです。
私はOさんのジョークを面白く思うと同時に、余裕を感じました。
しかし写真を見ていただければ解るかと思いますが、体全体が前に傾いて、首と肩に力をいれる姿勢をされています。これでは心に余裕があっても、呼吸が浅くなり呼吸が苦しくなることでしょう。
Photo_6
 
大勢の前で発表するときは緊張するのは当たり前でしょう。
適度な緊張は良いと思うのですが、過度な緊張はマイナスになってしまいます。

施術後、「頭もスッキリしてますし、呼吸が楽です。肩もよく回ります」と目が光っていました。O脚は時間がかかりますが、快方に向うはずです。
Photo_10
施術前→→施術後 Photo_9

[治療室高久]へのお問い合わせはこちらです

 

↓いつも応援クリックありがとうございます!Oさんのように、自身の能力を全開していく人を観るのが好きです。
Banner2