ほおづきを飾りました!

こんにちは!

練馬区大泉学園の本格整体・治療室高久の高久(たかく)です。

先日の、7月10日に、妻がほおずき市で、施術院内に飾るほおずきとこの日限定の雷除けのお守りを持って帰ってきてくれました。

なぜ7月10日なのか?

実は7月10日は、大功徳日とされ、1日のお参りで46,000日分のご利益があるといわれているからです。

ほおずき市は、夏の訪れを告げるお祭りとして知られ、『下町の夏の風物詩』と呼ばれています。
なぜ浅草でこのお祭りができたのかネットで調べてみると、

『源頼朝が奥州討伐の帰りに浅草で軍勢を休ませ、日射病で倒れた兵士達に、ほおずきの赤い実を食べさせたところ元気を取り戻した事からほおずき市が立つようになったそうです。』

ということだそうです。
かなり歴史のあるお祭りなのですね。

さっそく施術院に飾りました。

2

やはり季節の縁起物を飾ると、室内の空気が変わりますね。

1_2

なんか年度が変わったような気分になり、
昔から伝わっていることっていいな、と思いました。

3

我慢するだけ回復が遅くなります。迷わず今、お電話ください。


TEL: 03-5387-6739

ご予約方法 アクセス